栃木レザー/ジーンズ

栃木レザーのヌメ革の代表格「ジーンズ」
程よいオイル艶が抜群の深みを生み出す

国産のフルベジタブルタンニン鞣しの栃木レザーの中でも、カラー展開が豊富な人気レザー。
程良くオイルが入った、扱いやすいヌメ革です。
カジュアルな表情が特徴ながら、経年変化により抜群の深みを生み出します。
小物、バック、ベルト、靴や家具等、何に使ってもいい味が出ると評判のオールラウンダー。

名前にふさわしいカジュアルな表情を持つ「ジーンズ」

その名の通り、ジーンズのヒップラベルにも使用されており、特段革製品が好きというわけではない方も手にしているかもしれません。

栃木レザーの革が出来るまで

TANNING【 すべて天然由来の植物タンニン鞣し。 】

革を加工するための鞣しには、有害な物質を排出する薬品類は一切使っていません。
タンニンを多く含むアカシア系の樹木、ミモザのワットルバーグ(樹皮)から抽出したエキスで鞣すのが栃木レザーの流儀。この過程を経たヌメ革は、優れた風合いはもちろん、耐久性、吸&放湿性を誇り、あらゆる生活用品に活用できるマテリアルとなります。

DRY UP【 温度、湿度の管理が商品の要となる。 】

鞣しなどの工程を経て水分を含んだ革は、理想な環境で乾燥されます。栃木という土地特有の温度や湿度に適応するため、これまで培った経験をもとに、適材適所で革は干され、徹底した温度、湿度管理のもと、出荷や染色といった工程に備えます。

DYEING 【 色つや、耐久性を増すためのひと手間。】

回転ドラムなどに革と染料を一緒に入れて、下地の染色を行った後、表面につける染色はいまも人の手を介して行います。色見本を参考に手加減で色調を決めてゆく作業は、まさに職人技。表面にしっかりと着色することで、色つやが増すほか、耐久性も高まるといいます。

品質の証 【 PROOF OF THE QUALITY

品質の証として、栃木レザーを使用したプロダクトのみに与えられるタグがあります。

栃木レザー商品にのみ付けることができる通称「栃木の赤タグ」

経年変化(エイジング)、必要なお手入れ

使っていくうちに、色が深くなり、程よいツヤが出てきます。
最初から程良くオイルが入っているので、全く入っていないヌメ革よりもお手入れの頻度は低く手に取っていただきやすい革と言えます。
お手入れにはヌメ革用のクリームを使います。
(商品へのリンク)

初めて革製品を買う時に敷居が高いと感じるのはお手入れです。

どうすればいいのかわかりません……

そんな時は店舗まで見せにいらしてください。

オイルアップやブラッシングなどの基本的なメンテナンスをいたします。

サービスでやっていただけるんですか?

目の前でやっていただけるのは勉強になります。

みんな革好きのスタッフばかりなので、b3laboの製品たちがお客様のところでどんなふうに育っているかを見せていただけるのが楽しいんです。

だから遠慮なくいらっしゃってくださいね。

 

※修理・修繕もお受けいたしますが、その場合は別途費用を頂いております。まずはご相談ください。